ホーム > 水廻り実績2

水廻り実績2

洗面所

洗面所のリフォームはそれ単独でというケースは少なく、「浴室と一緒に行いましょう」というのが私たちプロからの提案です。

というのも、そうしたほうが別々に工事を行うよりも、効率的かつ安価に実施できるからです。
たいていの洗面所は浴室と壁の下地や床下がつながっているという構造上の理由もさることながら、一緒に工事すれば完成後の美しさにも差が生じることがないという美観の点からも、同時にリフォームすることをおすすめします。

現在販売されている各社の洗面台は、いろいろなパーツを組み合わせることで、どんな洗面所にも対応可能な自由度の高いつくり。
トータルなリフォームはもとより、部分的なリフォームにも適しています。

また、浴室同様、洗面所も設計、仕様、素材とすべてオリジナルで、というご要望にもお応えします。
狭い場所だけに、有効なスペース利用や浴室との連携、冬の寒さ対策など、細かい部分も気配りの行き届いた洗面所に仕上げます。

トイレ

最近のトイレのリフォームは、以前よりも少しだけ広くして、多種類の機能付き+タンクレスの便器を備えて、室内に手洗いを設け、バリアフリーにする、というのが主な傾向です。

床や壁の素材としては、水やアンモニアにも強い、合板+化粧板という素材がおすすめ。

ただし、小さいお子さんやお年寄りのいる家庭なら、無垢材または防水性、防汚性にすぐれ、足への当たりも柔らかなクッションフロアのほうがよいかもしれません。

ユニットバスという規格製品がある浴室と違って、トイレはほぼオリジナル設計が多数派です。
当然、設計はじめ、仕様、素材も自由に決められるので、そのとき、木を取り入れるなど、ほっとできるスペースづくりが可能です。