ホーム > 設計・素材について

設計・素材について

確かなリフォームは、確かな下見と一貫した作業から

「昔ながらの工務店」のメリットとしてまず挙げられるのが、最初から最後まで一貫した仕事を行う点です。

つまり、営業職がいるわけではないので、お客さまのご相談を受けたときから、もともと設計士だった社長をはじめ、ベテランスタッフが下見に出かけ、チェックし、正確な見積もりを提出。

その後もやりとりを重ねて、設計にOKをいただき、最終的にリフォーム工事に入ります。
さらに材料や工事関係の職人の手配から、工事の進捗状況の把握、一連の工事すべてが終了するまで、監督者としての目を光らせることを続けますが、そうした中でかなり大きな比重で重要視しているのが下見です。


リフォームといえども、すべての工事は下見から始まります。

現状がどうなっているか、その改修の方法や材料を考えるほか、お客さまの新たなご要望を取り入れる場合だけでなく、費用を最低限に抑える場合等々、リフォームの細部をすべて検討したうえで正確な見積もりを出すために必須なのが、やはり確かな下見なのです。
ここで大雑把なことをしてしまうと、不要な工事や将来への不安につながる可能性もあるので、下見は徹底して行います。

例えば、問題症状の原因を探るために床下にもぐったり、ヒビが入っている箇所を下地まで入念にチェックしたり、といったことを行いつつ、その状況や対策、将来のメンテナンスのことまでをお客さまにその場できちんとご説明します。
と同時に、お客さまの要望も引き出し、見積もりに反映させます。

そうやってひとりの担当者が丁寧に下見をし、不具合があれば原因を探ることから、対処方法を考え、見積もり、設計を経て、工事を行うことまで、すべてを監督することでより効果的で確実なリフォームができるのです。

お金だけを追求するようなことはしたくない、というのが当社の方針で、しっかり下見をすることはそのための健全な対策のひとつでもあるのです。

リフォームの極意—木をはじめ、適材適所の素材選び

下見、見積もりを経て、次は設計へ。

リフォームでも、設計はお客さまの夢を具体化していく重要なプロセスです。
下見で得た情報をもとにお客さまのご要望を取り入れつつも、あるときはプロとしての客観的な視点を交えたりして、相互にやりとりすること数回。
結果、図面を何回も書き直したりするケースも少なくありません。
お客さまに納得いただけるまで検討を重ねますが、「ゆっくり考えましょう」という当社のスタンスがむしろお客さまに安心感をもっていただけるようです。


そのとき、当店が重視しているポイントのひとつが素材選びです。

実は、創業者の先代社長の時代から「木」という素材にこだわってきました。
住まう人や環境にやさしい素材を使うのはすでに当たり前の現在、長年の経験で得た知識をベースに、木を使うことで少しでもお客さまの健康や心地よさに貢献したいと考えています。
硬くてキズはつきにくいけどひんやり冷たい木材、柔らかさと暖かさを備えて足の感触は良好だけれど、キズ、汚れに弱い木材。
木によって一長一短あるなかで、木のことを熟知しているから、お客さまのライフスタイルにマッチしたものをアドバイスできるのです。

さらに、現在では素材そのものやつくりが進化したり、汚染化学物質などの問題もクリアした新建材を含め、どんな材料をどんなところに使用するのが一番効率がよく、かつお客さまの居心地よさにつながるかなど、あらゆる視点から吟味し、設計段階で組み入れ、工事で使用します。

水まわりの4カ所のリフォームに関しては、現状やお客さまのお好み、将来への可能性などを十分に考慮して、無垢の木材にこだわる場合もあれば、新しい建材を選ぶ場合もあります。
ひとつひとつのケースで、ある素材を選ぶに至るのには理由があるといえますが、水まわりという条件付きのリフォームの設計段階において当店がすることといえば、どんな素材を使うにしても、その素材を生かしながら、お客さまの信頼にお応えするようなプランを完成し、実施することです。

水まわりリフォームに使う木材

例え水まわりであっても、木材を使うなら「無垢材」がいくつかの点ですぐれているといえるでしょう。

天然木から切り出してきた角材や板を無垢材と呼び、化学物質を含まない、種類によっては木の香りさえ放つ、100%自然素材のことです。
その場の湿度によって、空気中の余分な湿気を吸ったり、自らの中にたくわえた水分を放出したりして一定の湿度を保とうとする、いわゆる調湿作用を備えているほか、断熱効果、キズが目立ちにくい、柔らかい種類の木なら当たりがソフトで暖かさすら感じるといった、建材用木材としてのメリットの多いすぐれものといえます。

最近では、自然指向の流れもあって、年代を問わず、新築に加えてさまざまなリフォームにおいても、無垢材を希望されるお客さまが増えています。
水まわりリフォームでも、水を吸いやすく、いくらか汚れやすいという難点を大目に見れば、無垢独特の自然木の風合いは捨てがたく、さらに人が立つことの多い場所なので足への当たりがソフトなスギ、ヒノキなどの柔らかい無垢材がおすすめです。
もちろん、それよりも高級感があって、キズつきにくいナラやサクラといった硬質材を好まれる方も少なくありません。

一方、無垢材以外の各種合板は、建築材として劣っているわけではなく、むしろ水や火を扱う特殊な場所、汚れを簡単に落としたい場所で使用するために、防水、防火、防汚などに特化した機能性合板や特殊木材を使うことで、合理性や安全性を高めることにも役立ちます。
さらに、木に関する特殊なご要望があれば、それに応じた木材を調達し、設計に生かすことができます。

長年、木にこだわってきた当店としては、先代社長の時代からすでに40年来のパートナーとしていくつかの木材店とタッグを組み、そのときどきでベストな木材をご用意できるよう、いつでも準備しています。